ミゾタの技術

ミゾタの技術とゲートポンプ

1976年に開発して以来、評価と実績を重ねてきたミゾタのゲートポンプ。各種水門及びポンプメーカーとして長年培ってきた技術により、水門(ゲート)とポンプを一体化させた新しい河川排水システムが実現しました。
特許出願以降も改良を重ね、高速化、ゴミ通過性向上、景観配慮に成功しています。
ゲートポンプのパイオニア、そしてトップメーカーとして、これからも顧客に満足して頂ける製品開発に努めて参ります。

ミゾタの技術

ゲートポンプのあゆみ

1976年(昭和51年) ゲートポンプ基本特許出願
ゲートの持つ逆流防止機能に、ポンプの強制排水機能を追加したゲートポンプ方式を考案しました。
GPシステム
1999年(平成11年) 横軸ゲートポンプ試作機(Φ300)開発に成功
これまで立軸だったポンプを横軸にすることで、渦や流れの偏りを根本から無くすことに成功しました。 これにより、ポンプの回転及び水路の流速の高速化が成功したため、「高速ゲートポンプ」と名づけました。
縦軸と高速ゲートポンプ
製品詳細はこちら
2003年(平成15年) 高いゴミ通過性を確立
後退翼と特殊なライナリングによる高いゴミ通過性能と、従来並みの効率を両立したゲートポンプをシリーズに追加しました。
※下水道展'03東京に出展。
破砕チップ
2004年(平成16年) ピアレス型ゲートポンプ発表
門柱を無くすことにより、景観との調和、コンパクト化を実現しました。
※下水道展'04横浜に出展。
ピアレス型ゲートポンプ発表
製品詳細はこちら
2005年(平成17年) 超低水位運転ゲートポンプ発表
運転可能最低水位を従来よりも大幅に下げることに成功しました。
※下水道展'05東京に出展。
超低水位運転ゲートポンプ特長
製品詳細はこちら
2007年(平成19年) 更なるゴミ通過性の向上
※ゴミが通る際にライナーを外周方向に可動させることで、ゴミ通過性を飛躍的に向上させました。
可動ライナー付き水中ポンプ
2010年(平成22年) 着脱式横軸水中軸流ポンプ発表
着脱式の水中ポンプにも狭水路、低水位運転を追及した高速ゲートポンプの技術を応用しました。
着脱式横軸水中軸流ポンプ
ページのトップへ